やさしくない日本語 「アジェンダ」「レジュメ」の違い

「アジェンダ」イメージ画像 ブログ

8月25日、あるTwitterユーザーが「(カタカナ語が)わかんないよ!!」という投稿をして話題となりました。

お約束でも触れていますが、「クラスター」や「オーバーシュート」「ロックダウン」など難しいカタカナ語を使わず、やさしい日本語を使おうというのが鈴木将仁まさひとのポリシーです。

それでも、わからない言葉をわからないまま放っておくのもなんなので、今回は上のツイートにもある「レジュメ」と、それによく似た言葉「アジェンダ」の2語について確認したいと思います。

「アジェンダ」とは議題、議事日程、行動計画のこと

会議などに出席した際に、司会の人が「いまお手元に配られたのが本日のアジェンダです」などと言っているのを聞いたことがあります。同じようなシチュエーションで「レジュメです」という言葉もよく聞きます。

では「アジェンダ」と「レジュメ」の違いは何でしょうか?

辞書の説明は以下のとおりです。

アジェンダ【agenda】
① 実施すべき計画。行動計画。特に、国際的な取り組みについての行動計画。
② 議事日程。議題。

レジュメ【フランス résumé】〔要約の意。レジメとも〕
① 論文の内容などを簡潔にまとめたもの。
② 講義やゼミナールで、発表者が参加者に配布する、発表内容を簡潔に記したもの。

『大辞林』

シチュエーションとしては、会議などみんなで意見を出し合って話すときに配られるのが「アジェンダ」。講演会など一方的に視聴するときに配られるのが「レジュメ」といったところでしょうか。

またこれとは別に、履歴書や職務経歴書を「レジュメ」と呼ぶこともあります。

例えば以下のような文書があったとき、見ただけではこれが「アジェンダ」なのか「レジュメ」なのかはわかりません。

テーマ:売れる書籍に必要なもの
 1.おもしろいコンテンツ
 2.質の高い編集作業
 3.出版後の販促活動

この場合、1〜3の具体的な内容はまだ決まっていない(これからみんなで考える)のが「アジェンダ」で、講演者がすでに1〜3の具体的な内容を用意してしている(これから披露する)のが「レジュメ」ということです。

タイトルとURLをコピーしました