静岡市食品衛生協会が交付する宣言書とステッカーに「今川さん」が採用されました

「今川さん」のイラストが採用された『宣言書』と『ステッカー』 ブログ

8月19日の静岡市長の定例記者会見にて、新型コロナの感染防止に取り組んでいる飲食店に対し、店舗内に掲示する『宣言書』と屋外に掲示する『ステッカー』を交付すると発表がありました。そして、この『宣言書』と『ステッカー』のデザインに鈴木将仁まさひとが運営するご当地キャラクター「今川さん」のイラストが採用されました。

静岡市が「このお店は大丈夫!」と “お墨付き” を提供

このたび発表された取り組みの流れは、まず(主に接待をともなう)飲食店の皆さんに新型コロナウイルスへの感染防止対策を自己点検してもらうためのチェックリストを提供。それに従って各店舗で対策を施し、そのチェックリストを静岡市食品衛生協会へ提出します。

そしてそのリストが基準を満たせば店舗内に掲示するための『宣言書』と屋外掲示用の『ステッカー』が交付されます。市民の皆さんからすれば、この『宣言書』や『ステッカー』が「このお店は大丈夫なんだ」という市からの “お墨付き” になります。

“お墨付き” の信頼度が大事

課題はこの『宣言書』が店舗の自己チェックに基づいているということ。仮にそのチェックの判断が甘かったり、虚偽があったりしても、『宣言書』や『ステッカー』は交付されてしまう恐れがあります。そして、その『宣言書』を信じて店舗を利用した方々が新型コロナに感染するようなことがあったら大変なことです。

会見で田辺静岡市長が、「実際に正しく対策を行っているかどうかの現場確認や指導を行っていく体制づくりを、行政主体でこれから進めていきたいと思っております」と言ったとおり、静岡市が提供する “お墨付き” が信頼できるものであることが大事だと思います。

田辺静岡市長による定例記者会見はこちらをご覧ください。

令和2年8月19日(水) 静岡市長定例記者会見

市民の皆さんが安心して暮らしていけるような取り組みに対しては、「今川さん」も全力で協力していきますので、これからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました