静岡県が「Go To Eat」における感染防止対策方針を発表

「Go To Eat キャンペーン」感染防止対策 ブログ

以前の記事でも紹介してきた静岡県の「Go To Eat キャンペーン」に対し、県の危機管理部が11月20日、新型コロナ感染防止対策の方針を発表しました。

これは先週あたりから県内でも感染者が急増していて、「Go To Eat のせいで感染者が増えてるんじゃないの!?」とか「Go To Eat やめた方がいいんじゃないの!?」といった声も聞こえてきていることに対しての見解といっていいでしょう。

現時点ではキャンペーンは引き続き実施

このたび静岡県では「Go To Eat キャンペーン」の実施に際し、県の対応方針を下記①のように決定し、国(農林水産省)に報告したそうです。

①静岡県の方針

  • 現時点においては「Go To Eat キャンペーン」を引き続き実施します。
  • 「Go To Eat キャンペーン」の食事券・ポイント利用については、人数制限を設けません。
  • いっぽう、県内の感染状況を踏まえると、飲食店における感染防止対策は重要であることから、「Go To Eat キャンペーン」に参加する店舗に限定せずに、すべての飲食店に対し、従来の感染防止対策に加え、以下②の協力を要請します。

②飲食店への協力要請

  • 利用客は、原則として、1テーブルが4人以下となるようお願いします。
    1. この人数は、飲食をともなう大人数の会食を念頭においています。少人数の子ども、高齢者の介助者、障がい者の介助者等については人数の計算外とします。同居家族は、この原則の対象外とします。
    2. 4人以下でも、人と人との距離は、最低でも1m(できるだけ2m)確保をお願いします。
  • 利用客が5人以上の同一グループであっても、パーティション、アクリル板、机、個室等を利用し、4人以下のグループごとになるようにしてください。
  • 飲食店は、上記内容を店舗入口、店内、ホームページ等で利用客に周知してください。
  • マスク非着用での会話など感染リスクの高い行為に対する利用客への自粛の呼びかけのほか、常時換気の徹底、こまめな消毒など、業種組合の感染防止ガイドラインの徹底をお願いします。

これまで静岡県で集団感染が発生した施設は、ほとんど「Go To Eat キャンペーン」の対象とされる種別の飲食店ではないそうです。

しかしながら、今が「感染まん延・前期」という状況を踏まえて、これまで以上の対応が必要と考え、このような要請となったようです。

今後も状況は刻一刻と変化していくと思いますので、それに対して柔軟に対応していくことが必要でしょう。

タイトルとURLをコピーしました