大人ほど知らない現代の「敬語」事情

敬語を使う手紙 ブログ

ビジネスに限らず、日常的な社会活動の場で必要となってくる「敬語」。皆さんは正しく適切に使えているでしょうか?(鈴木はあまり自信ありません…) 

さて、鈴木をはじめ昭和の教育を受けてきた世代の敬語といえば、「尊敬語」「謙譲語」「ていねい語」の3種類でした。ところが現在、敬語は「尊敬語」「謙譲語 Ⅰ」「謙譲語 Ⅱ」「丁寧語」「語」の5種類に分ける考え方が主流になっています。特に注目していただきたいのは2つに分けられた「謙譲語 」。

今回は2007年に文化審議会答申において出された『敬語の指針』に沿って、その概要を確認したいと思います。

敬語の種類と働き

まず、先ほども挙げたとおり、『敬語の指針』では敬語を次の5種類に分類しています。

  1. 尊敬語 「いらっしゃる」「お(ご)……なる」
  2. 謙譲語 Ⅰ 「伺う」「申し上げる」「お(ご)……する」
  3. 謙譲語 Ⅱ 「参る」「申す」
  4. 丁寧語 「です」「ます」
  5. 美化語 「お酒」「お料理」

1.尊敬語

「尊敬語」は、相手側または第三者の行為・ものごと・状態などについて、その人物を立てて述べるものです。

「行く → いらっしゃる」のように語自体が特定の形に変わる場合と、「利用 → ご利用になる」のように「お(ご)……なる」を付けていろいろな語に適用できる場合があります。

いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、ご利用になる、読まれる、始められる、お導き、ご出席、(立てるべき人物からの)ご説明、お名前、ご住所、(立てるべき人物からの)お手紙、お忙しい、ご立派

2.謙譲語 Ⅰ

自分側から相手側、または第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるものです。向かう先に対する敬語というところがポイントです。

こちらも尊敬語と同じく、「訪ねる → 伺う」のように特定の語形に変わる場合と、「届ける → お届けする」のように「お(ご)……する」を付けて広くいろいろな語に適用できる場合があります。

ただし、「お(ご)……なる」は尊敬語で、「お(ご)……する」は謙譲語 Ⅰですので注意してください。

伺う、申し上げる、お目にかかる、差し上げる、お届けする、ご案内する、(立てるべき人物への)お手紙、ご説明

3.謙譲語 Ⅱ

自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対してていちょうに述べるもの。

例えば「明日から海外へ参ります」と述べる場合、参る(行く)のは自分ですからこれは尊敬語にはあたりません。また参る(行く)という動作の向かう先は「海外」ですが、別に「海外」に敬意を表しているわけでもありませんので謙譲語 Ⅰとも違います。では誰に対する敬語なのかというと、この場合は「明日から海外へ参ります」という話を聞いている相手です。

この向かう先(謙譲語 Ⅰ)と、相手(謙譲語 Ⅱ)の違いについては下でもう少し詳しく確認します。

参る、申す、いたす、おる、拙著、小社

4.丁寧語

話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。謙譲語 Ⅱと似ていますが、謙譲語 Ⅱは基本的に「自分側」のことを述べる場合に使い、「相手側」や「立てるべき人物」の行為については使えません。それに対して丁寧語は「自分側」のことに限らず、広くさまざまな内容を述べるのに使えます。

です、ます

5.美化語

ものごとを美化して述べるもの。尊敬語の「お導き」「お名前」のように行為者や所有者を立てるものとは違います。また謙譲語 Ⅰの「(立てるべき人物への)お手紙」とも違い、向かう先を立てるものでもありません。

お酒、お料理、お菓子、お天気、お酢、お皿、お弁当

「謙譲語 Ⅰ」と「謙譲語 Ⅱ」の違いをもっと詳しく

例えばある会社に織田社長、柴田部長、あなた、部下の石田がいるとします。ある日、柴田部長に呼び出され「あの件について、どうなった?」と聞かれ、あなたは答えます。

  1. 「その件については、織田社長にご説明しました」 謙譲語 Ⅰ
  2. 「その件については、石田に説明いたしました」 謙譲語 Ⅱ

1.の場合、敬意を表している(立てている)のは「織田社長」です。これに対し、2.の場合の敬意の対象は聞き手の「柴田部長」です。つまり、「説明する」という動作の向かう先を立てているのか、会話をしている相手を立てているのかに違いがあります。

では上の例文の「織田社長」と「石田」を入れ替えてみます。

  1. 「その件については、石田にご説明しました」 謙譲語 Ⅰ
  2. 「その件については、織田社長に説明いたしました」 謙譲語 Ⅱ

この場合、1.は部下である「石田」を動作の向かう先として立ててしまっているので誤用になります。ところが、2.の場合は上と同じく、敬意の対象は会話の相手である「柴田部長」なのでこれは問題ありません。

このように、昔はまとめて「謙譲語」だったものが今は別々のものとして扱われています。日々の生活においても、ちょっとだけ気にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました