国勢調査をインターネットで回答してみた

国勢調査インターネット回答利用ガイド ブログ

5年にいちど、日本国内に住んでいるすべての人(外国人を含む)と世帯を対象として実施される国勢調査。その2020年の調査書類が各世帯に配布されはじめました。

鈴木将仁まさひとの世帯にも調査書類が入った封筒が届けられました。今回はインターネットでも回答できるということで、さっそく挑戦してみました。

封筒内の「ログインID」と「アクセスキー」が必要

インターネットで国勢調査に回答できるのは9月14日から10月7日まで。24時間回答オッケーです。また、この期間にネット回答した世帯には調査員が来ることはないそうです。

必要なものは、「ログインID」と「アクセスキー」。これらは封筒内の「インターネット回答利用ガイド(上の画像)」という用紙に印字されています。

手順は以下のとおりです。

国勢調査オンラインへアクセス

まず、インターネット回答の専用サイト「国勢調査オンライン(e-kokusei.go.jp)」へ、スマホかパソコンでログインします。

国勢調査オンラインへのアクセス方法

上の画像のQRコードを読み取ってもいいですし、[国勢調査オンライン]というキーワードで検索しても専用サイトにたどり着けると思います。

「ログインID」と「アクセスキー」でログイン

専用サイト内の[ >回答をはじめる ]というボタンを押すと、ログインページに移ります。

ログインIDとアクセスキーの記載

そこで用紙に印字されている「ログインID」と「アクセスキー」を入力するとログインできます。

画面の案内にそって回答

ログインすると表示されるページで[ >入力をはじめる ]というボタンを押すと質問がはじまりますので、順番に答えていきます。

スマホでの回答画面例

すべての質問に答えると「パスワード」を設定する画面が表示されます。この「パスワード」はどこかに書かれているものではなくて、入力した人が自分で決めるパスワードです。

もし10月1日までに世帯員の出生や転居などで回答内容に変更が生じた場合は、「ログインID」と、ここで設定した「パスワード」を使って再ログインして修正します。

デジタルに慣れていればインターネットの方が簡単

質問の数が多いので少し時間がかかりますが、家族のことをひとつずつ答えていけばいいので、質問の内容自体はそれほど難しくはないと思います。

スマホやパソコンの操作に慣れている人であれば、ボタンで選ぶだけの操作も多いので、手書きで回答を記入するより簡単にできるのではないでしょうか。

ぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました