お約束

だれにでも “やさしい” 静岡をつくるため、以下の7つの課題に対して誠心誠意、取り組んでまいります。

鈴木まさひと が取り組むことをお約束する7つの課題

「登校しぶり」「学習障害」等への理解を深め、静岡市で相談できる機会を増やす

「登校しぶり」「学習障害」等への理解を深め、静岡市で相談できる機会を増やす

「怠け」や「わがまま」と誤解されやすい子どもたちの「見えにくい困り・苦しみ」を多くの方に知ってもらい、本人や保護者、保育・教育者が気軽に相談できる機会を増やします。

「就職するなら静岡がいい!」と思える魅力的な労働環境を実現させる

「就職するなら静岡がいい!」と思える魅力的な労働環境を実現させる

「高校を卒業してもそのまま静岡で働きたい」「県外の大学を卒業したら静岡に戻ってきて就職したい」そう思えるような企業を増やし、若者が働きやすい労働環境を実現させます。

災害時に高齢者や身体の不自由な方が逃げ遅れない仕組みを整える

災害時に高齢者や身体の不自由な方が逃げ遅れない仕組みを整える

高齢者のひとり暮らしや高齢者のみの世帯が静岡でも増えるなか、高齢者や障がい者など災害時に自力での避難が難しい災害弱者が置き去りにされないような避難の仕組みを整えます。

「今川まつり」等の開催を通して歴史文化のまち・静岡の魅力を再発掘

「今川まつり」等の開催を通して歴史文化のまち・静岡の魅力を再発掘

今川義元公の生誕500年を記念して開催された数々の顕彰事業やイベントを一度きりのお祭りで終わらせず、後世に残せる遺産として「今川まつり」等を持続的に静岡で開催します。

「わかりやすくて、やさしい」広報や行政サービスを静岡で整備する

「わかりやすくて、やさしい」広報や行政サービスを静岡で整備する

「クラスター」や「オーバーシュート」「ロックダウン」など難しい言葉を使わない。また、給付金の申請をもっと簡単にするなどして市民にやさしい行政サービスを静岡で整備します。

日本語が苦手な外国人児童・生徒への学習支援を静岡で充実させる

日本語が苦手な外国人児童・生徒への学習支援を静岡で充実させる

日本人と同じ学校に通いながらも、日本語が苦手なため授業についていけない児童・生徒が静岡にもたくさんいます。そういった子どもたちの学習を支援する制度を充実させます。

若者と、知識や経験豊かなシニアが協力しあえる社会を静岡で実現する

若者と、知識や経験豊かなシニアが協力しあえる社会を静岡で実現する

若者世代が「政治家は高齢者ばかり優遇している」といって高齢者を敵視するのではなく、あらゆる世代や性別の市民が協力しあい、支えあい、ゆずりあっていける社会を目指します。

タイトルとURLをコピーしました