ラグビーワールドカップ2023の「Family」登録開始!

「ラグビーワールドカップ2023」ウェブサイト ブログ

昨年、日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップ。その次回大会の「Family」登録がスタートしました。次回の開催は2023年で、舞台はフランス。「まだ3年も先のことなのに気が早いなぁ」と思われるかもしれませんが、良いチケットを取ろうとしているファンはもう動き始めているのです。

鈴木も過去3大会は現地で観戦

オリンピック、サッカーのワールドカップに次ぐ規模を誇る世界的スポーツイベント、ラグビーワールドカップ。昨年2019年は日本開催だったということで、「にわかファン」という言葉が流行はやるほど多くの日本人が「ブレイブブロッサムズ(日本代表の愛称)」の活躍に熱狂したことと思います。

実は鈴木将仁まさひともラグビー観戦が大好きで、2011年のニュージーランド大会以降は毎回、現地に赴いて文字どおりワールドクラスのプレイを目の前で見てきました。

2011年ニュージーランド大会のイーデン・パーク・スタジアム
2011年ニュージーランド大会のイーデン・パーク・スタジアム

2011年は3月に日本で東日本大震災があった年ですが、ニュージーランドでも同じ年の2月にクライストチャーチを中心にカンタベリー地震が起きました。そのため、日本とニュージーランドの試合の前には両国の犠牲者に対してもくとうが捧げられました。

上の写真は3位決定戦の[オーストラリア 対 ウェールズ]の試合会場のようすです。この大会、日本は残念ながら1勝もあげられませんでした…。

2015年イングランド大会のミレニアム・スタジアム
2015年イングランド大会のミレニアム・スタジアム

2015年はラグビー発祥の地であるイングランドでの開催でした。イングランド開催といっても一部、ウェールズのカーディフでも試合が行われました。

上の写真はそのカーディフのミレニアム・スタジアムで開催された[ニュージーランド 対 フランス]の試合前のセレモニーの様子です。両国とも決勝戦の顔なじみチームなのですが、この年は62対13という大差でニュージーランドが勝利しました。

また、いちばんのニュースは弱小チームと言われていた日本が優勝常連国である南アフリカに勝利したことでしょう。五郎丸も人気になりました。

2019年日本大会のエコパ・スタジアム
2019年日本大会のエコパ・スタジアム

そして昨年2019年の日本大会。日本チームの快進撃はみなさんも記憶に新しいと思います。鈴木も地元であるエコパ・スタジアムの試合がすべて見られる「エコパパック・チケット」を購入して大会を楽しみました。

上の写真はエコパ・スタジアムで日本がアイルランド(当時世界ランク2位)を撃破した日の会場です。おいしそうにビールを飲んでいるように見えますが、鈴木は下戸げこでビールが飲めません。これは写真を撮っている友人のビールを預かっているだけですww

この日のエコパでの大番狂わせを称えて、エコパ・スタジアムを「ラグビーの聖地」にしよう、という動きもあるようですね。とにかく地元でいい試合が見られたことはラッキーでした。

「Family」登録するとチケットの先行販売に参加できる

さて冒頭でも紹介した今回の「Family」登録ですが、いくつかの特典があります。そのひとつが「PRESALE OPPORTUNITIES」です。つまり「先行販売の機会」が得られるということです。

本家? ラグビーの聖地、トゥイッケナム・スタジアム
本家? ラグビーの聖地、トゥイッケナム・スタジアム(イングランド)

鈴木のこれまでの場合もそうでしたが、アカウントを登録しておくと開催1年くらい前に先行販売の案内が届きます。当然ながら決勝トーナメントの試合は、どのチームが勝ち上がってくるかわかりませんから、そこは予想と希望をもって購入することとなります。

とはいっても、決勝戦や準決勝、準々決勝など人気の試合に関しては「Family」登録者といえども抽選で選ばれなければ購入することはできません。鈴木の場合も準決勝、準々決勝、3位決定戦のチケットは取ったことがありますが、決勝戦の抽選で選ばれたことはいちどもありません。

それでも一般販売の人に比べれば、挑戦できるチャンスがいく度か多くありますので、興味ある方は登録してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました