「障害者」は「障がい者」と書くべきか? 「障碍者」と書くべきか?

身体障害者手帳の画像 ブログ

近年、「障害者」という言葉を「障がい者」または「障碍者」と書く例が増えてきました。このサイトでも、現状は「障がい者」という書き方を採用しています。

では、いったいどの書き方を使うのが適切なのか? 今回はそれぞれの書き方の良い点・悪い点について歴史的な経緯を追いながら簡単にまとめてみます。

もともとは「障碍(障礙)者」と書くものだった

もともと「障害」という言葉は「障碍(障礙)」という漢字が使われていました。読み方はどちらも同じ「しょうがい」です。「碍」は「礙」の異体字であり、同じものと考えて差し支えありません。

「碍」という漢字の意味は「さまたげる」ですが、この漢字を使った言葉に「がい」というものがあります。「碍子」とは電線に付いている白い磁器製の絶縁体のことで、電気の流れをさまたげるものという意味が含まれています。

碍子のひとつ「玉がいし」の画像
碍子のひとつ「玉がいし」(『Wikipedia』より画像引用)

ところが戦後の国語改革で「碍」という字が当用漢字に含まれなかったため、代わりに「害」という字を当てることになりました。いわば「当て字」です。

問題なのは、「碍」と「害」では漢字のもつ意味が違っていたということ。どちらも「がい」という発音は同じですが、「碍」自体にマイナスのイメージがないのに対し、「害」にはマイナスイメージが伴います。つまり、「害」という字を用いることで障害者が周囲の人に害を及ぼしているという印象を植え付ける、または「害」という字そのもののイメージが悪いという意見が出てきたわけです。

もともとの「碍」という漢字に戻そう

そこで、「元来がそういう書き方だったのだから、『障害』は『障碍』に戻すべき」という声も出てきました。それ自体はそれほどとっな意見ではありません。ただ、「碍」を当用漢字に含めなかったのにも理由があり、実際、2009年から行われた常用漢字の改正審議でもあらためて「碍」の字の追加は拒否されています。

そこで、「害」も「碍」も使わずに、「障がい者」という書き方を採用する人が増えてきました。おそらく行政などを含め、今いちばん多く使われているのがこの「障がい者」という書き方だと思いますが、これはこれで反対意見も多いようです。

例えば、漢字とひらがなを使う「交ぜ書き」は文章の意味を把握しにくくするということで文科省などはそういった使い方を嫌っています。また、「『障がい者』と書かれる方がむしろ嫌だ」という障がい者自身の意見も意外と多いようです。

差別か差別じゃないかは相手にもよると思います。
ちなみに私は身体障害者ですが全然気にした事ありません。
害の字が嫌と考えている人にとっては差別と考えるのかもしれませんが、事実、健常者と違って障害はあるのですから今更障害者が障がい者になっても何も思いません。

引用:『Yahoo! 知恵袋』

ちなみに共同通信社が発行している『記者ハンドブック』では「障害」に関してはそのまま「害」の字を使うことをすすめています。これにならっている新聞社などでは、今も「障害者」という書き方を採用しているところも多いと思います。

ただし、「障害を持つ」という表現には、望んで障害を持ったわけではないと当事者から批判があることに配慮し、「障害の(が)ある」と書く、といったガイドラインは記されています。こういった配慮は大事ですね。

結論として、どの字を使うのが適切かと断定するのはとても難しいのですが、それぞれの書き方のもつ経緯や背景、意味を知ったうえで使い分けていくのがよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました