「今川さん」デザインの図書館カード

今川さんデザインの図書館カード ブログ

今回は鈴木将仁まさひとが運営するご当地キャラ「今川さん」が静岡市立図書館の図書館カード(貸し出しカード)のデザインに採用されたという話。

といっても最近の話ではなく、こちらは2019年12月から限定1万枚で発行されているカードです。上の画像は鈴木自身が昨年の12月に市立中央図書館で発行してもらったもの。

子どもたちが図書館に来たくなるきっかけに

こちらのカードは2019年の義元公生誕500年にあわせて昨年の12月から発行されているカード。2019年5月の「今川義元公大好き宣言」と2020年5月の「銅像完成」の間にデザインされたカードのため、「今川さん」の左目に涙がないのが特徴です。希少ですよ!?

限定1万枚ですが、新しくカードを発行する人のすべてのカードが「今川さん」デザインになるわけではなく、従来の【通常バーション】と【今川さんバージョン】のうちから好きな方を選べるようです。

3月30日の静岡新聞の記事によると、

約8割の利用者が今川さん版を選び、子どもたちには「かわいい」「図書館で本を借りるのが楽しみ」

3月28日までに全12館と移動図書館で3169枚が発行された

とあります。

また、こちらのカードは、読書推進と静岡の郷土資料のPRを目的としてされました。上記の静岡新聞の記事によると、

子どもたちが図書館に来たくなったり、郷土資料に興味をもったりするきっかけにしたい

郷土の歴史や文化の資料を大切に残すことが図書館の役割。身近なキャラクターの今川さんとともにPRできたら

ということです。

限定1万枚がまだ残っているかわかりませんが、もしカードを作る機会がありましたら【今川さんバージョン】を希望してみてください。

タイトルとURLをコピーしました