残暑見舞いの時期はいつ? 「暑中」「残暑」の違い

今川さん残暑見舞い ブログ

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 鈴木将仁まさひとが代表を務める今川さん製作委員会でも、NPOの会員の皆さんに今週、残暑見舞いをお送りしました。もう8月も終わりですから、暑中見舞いではありません。残暑見舞いです。では、暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期はそれぞれ、いつからいつまでなのでしょう? あらためて確認してみます。

立秋までは「暑中見舞い」、立秋以降は「残暑見舞い」

まず、言葉の意味を確認します。辞書で「暑中見舞い」という語を調べてみると以下のようにあります。

しょちゅうみまい【暑中見舞(い)】
夏の土用の間に、訪問したり手紙を出したりして安否をたずね励ますこと。また、その手紙や贈り物。土用見舞い。暑中伺い。〔立秋以後は「残暑見舞い」とする〕

『大辞林』

これによると、暑中見舞いを出すのは夏の「土用の間」とあります。では「土用」とはいつのことでしょうか? 「土用の丑の日」という言葉がよく知られていますが、これも辞書で調べてみます。

ど よう【土用】
①二十四節気中の立春・立夏・立秋・立冬の前の各十八日間。
②特に、夏の土用のこと。七月二〇日頃から立秋の前日までの一年中で最も暑い時期。

『大辞林』

なるほど、「土用」とは7月20日頃から立秋の前日までらしいですね。では、「立秋」とはいつでしょうか? またまた、辞書で調べてみます。

りっ しゅう【立秋】
二四節気の一。太陽の黄経が一三五度に達する時をいい、太陽暦で八月八日ごろ。この日以後の暑さを残暑という。

『大辞林』

8月8日ごろ、とはっきりしない書き方ですが、実は年によって立秋の日付は変わります。2020年は8月7日が立秋でした。

つまり、今年でいうと、8月6日までが「暑中見舞い」の期間で、8月7日以降が「残暑見舞い」の期間ということになります。

立秋以降の方がむしろ暑かった!?

言葉本来の意味からいえば、最も暑い時期に出すのが「暑中見舞い」で、秋になってもまだまだ暑いな〜というときに出すのが「残暑見舞い」です。

ですから、それぞれに使われるあいさつの言葉も違います。

【暑中見舞い】
「本格的な暑さ」「猛暑が続く」「暑さ厳しき折」など

【残暑見舞い】
「立秋とは名ばかりの暑さ」「暦のうえでは秋とはいえ」など

ところが今年は全国的に梅雨明けが遅れ、東海地方では8月1日ごろまで梅雨が続きました。その影響もあり、本来なら最も暑いはずの「暑中見舞い」の期間よりも、「残暑見舞い」の期間の方がずっと暑い日(特に今年は記録的な暑さ)が続きました。

静岡県の最高気温グラフ

これではむしろ「残暑見舞い」にこそ、「猛暑が続く〜」という言葉を使いたいぐらいですね。

タイトルとURLをコピーしました